整体リラクサロンよしだ「整体日和」

relaxalon.exblog.jp

兵庫県小野市池尻町322-3-201

ブログトップ

2015年 07月 22日 ( 1 )

腰痛アラカルト②

今回は脊柱管狭窄症についてです。

最近特によく聞くようになった言葉ですね。

一昔前はあまり聞いた事なかった気がします。

近年になりMRIの検査が発達した為

ヘルニアと脊柱管狭窄症の差が

判断できるようになったからでしょうか。

ヘルニアは何かの理由で椎間板が破れて

内容物が体外にもれ、それが骨化して

周りの神経を圧迫するために

痛みや痺れが発症するものです。


脊柱管狭窄症は、脊椎の中にある

脊柱管が主に老化などで狭く(狭窄)なることで

神経を圧迫して痺れや痛みが出る事です。

なので、主に高齢者の方が多いです。

ヘルニアの様な痛みは少ないようですが

下肢の機能障害が多くみられます。


症状が悪化してしまうとヘルニア同様
手術しかないと言われるようです。

ところが、当院には手術しかないと言われた
ヘルニアと脊柱管狭窄症の方が来られていますが
手術をしなくても良いくらい回復された方達がおられます。

小生の見解は、神経を圧迫している
椎間板からもれて骨化したヘルニアや
狭くなった脊柱管を手術するよりも

椎骨自体の変位の矯正の方が有効だと考えているからです。


もちろん、手術なしで回復は
有りえないケースも多々あるでしょうが

自身の仕事の都合や周囲の環境状況によっては
手術ができない場合もありますからね。


なので、そういった患者さん達が
当院を選択してくれているのです。

皆さんが満足するまで改善するには
かなり回数がかかりましたが

結果を納得していただけているので
問題はなかったと思います。


技術的にはヘルニアも脊柱管狭窄症も
同じ手技方法になります。

ただ、脊柱管狭窄症は高齢者の方達なので
一番ソフトな矯正法
カウンターストレインと筋膜リリースで
矯正していきます。

変位している腰椎を矯正することで
圧迫された神経を解放するのです。

そして、骨盤矯正も必須となりますので
身体の水平と脊椎の垂直軸を
整えてバランスをだすことで
動く時の神経圧迫を少なくして
痛みを抑えて、動きやすくするのです。

完全に完治とはならないですが
生活するのに支障が無い程度までは
回復させる事は可能としています。

困ったらご相談下さい。

|Д´)ノ 》 ジャ、マタ

整体リラクサロンよしだ
















by seitai-yoshida | 2015-07-22 19:46 | Comments(0)