整体リラクサロンよしだ「整体日和」

relaxalon.exblog.jp

兵庫県小野市池尻町322-3-201

ブログトップ

息子の卒業式

先月の26日、長男の通う学校
三木東高校で卒業式がありました。

もちろん、三木東高校のPTA会長の小生も
出席さしていただき
保護者代表として祝辞を読まさせて
いただきました。

一年間、ことあるごとに挨拶をしていますと
さすがに慣れたのか、さして緊張することもなく
思った時間通り約3分で終る事ができました。

慣れというのはスゴイですね。

会長になりたての頃は
緊張もすることもありドキドキして
言葉を噛んだりもしましたが

今は、落ち着いて
話ができるようになったと思います。

式場の体育館には
卒業生と二年次と
先生方、そして保護者の皆様
PTA役員、元職員の方や中学の校長先生方
総勢でも600人はいたかと思います。

式が進むにつれ
すすり泣く声が聞こえはじめ
担任の先生がたも
かなり泣かれていたようです。

小生は
息子の卒業式なんかで
泣くことなんかありえんやろ、と
思ってましたが

最後に、ひとクラスづつ全員が
起立して、先生方に
三年間、有り難うございました。の
挨拶をしていくのを見ていると

なぜか、なぜか、三年間の想いが
込み上げてきて
泣いてしまいました。

経済的に厳しい時に
塾に通わした三年間や

入学できるかどうか心配だった入試

成績もよろしくなかったので
赤点とらへんかと心配した三年間

大変やったけど
なんとか卒業できたか~っと
思った瞬間、ほろりときてしまいました。
。・゚・(*ノД`*)・゚・。

安堵感と解放感と達成感が
一度にきた感じでした。

先生方に言った「ありがとう」の言葉が
自分に向けて言ってくれた様な気がして

涙を止めるのに必死でしたわw

親として良い経験をさしてもらった気がしました。

しかし、家に帰って
携帯ゲームばかりしている
就職の決まった息子をみていると

こいつに会社務めが務まるんかいな?
と、新たな心配が沸いてきて

たぶんこの先、子供に対しては死ぬまで
心配の種は尽きないんやろうなぁと
痛感した一日でもありました。

まっ、親なんていつの時代も
そんなもんなんでしょうね。
みなさん。

では、また



















by seitai-yoshida | 2016-03-01 16:39 | Comments(0)