整体リラクサロンよしだ「整体日和」

relaxalon.exblog.jp

兵庫県小野市池尻町322-3-201

ブログトップ

<   2017年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

股関節周辺の痛み

最近、股関節、大腿の痛みの方がよく来院されます。

年齢では四十代後半から七十代までの特に女性です。

たまに、同年代の男性の方も来院されますが。。

ひじょうに稀なケースです。



女性の骨盤は男性の骨盤より広くなっています。

なぜかと言うと「出産」をする為です。

故に、股関節に負担がかかり安い骨格と
なってしまっているのです。

残念ながら。。。


なので、股関節、大腿に痛みがでる
股関節の異常な状態になりやすいのが女性なのです。

代表的な症状名としては

股関節脱臼、変形性股関節症、大腿骨頭壊死症
臼蓋形成不全、等です。

また、当院で数回で改善可能な
簡単なものとしては

梨状筋炎とか坐骨神経痛などがあります。

いずれにせよ

股関節痛などが発症したなら

病院でレントゲン、MRIなどで
検査をされる事をお勧めします。

初期では大腿部が少し痛く
足が上がり難いぐらいの症状ですから

ほっとけば治るだろう。ぐらいにしか
思われない様で

結局、半年近くなって
症状が酷くなり来院されるケースが多いです。


小生も色々な症状の股関節痛を
施術さしていただいたので

最近では、股関節痛が

腰椎によるものなのか

臀部周辺の筋肉によるものなのか

骨盤の歪みによるものなのか

股関節の異常によるものなのか
判る様になりました。

<(`^´)>エッヘン

腰椎の変位、骨盤の歪み、筋肉の拘縮による
股関節痛なら改善可能でしたが

股関節の異常である

脱臼や骨頭の壊死、臼蓋形成不全のような

外科的な判断が必要なものに関しては

そこそこしか改善は見れませんでした。

まぁ、当然と言えば当然でしょけど。。
。・゚・(*ノД`*)・゚・。


施術中これは限界があるなと思えば

病院に行ってレントゲンを撮って
先生に判断してもらう様お勧めしています。

自身の股関節がどういう状態なのか
知っておいて損ではないと思うからです。

外科的に最後は手術しか無いとしてもです。


先日来院された六十代の女性は

数か月前から膝が痛いと言う事で
おみえでしたが

施術中、股関節の極端な可動の悪さに
びっくりして、検査をしてみると

股関節にかなり異常が有る事が判り

膝より股関節のレントゲンを撮るよう
勧めました。

ご本人は膝の軟骨がすり減って
膝が痛いと思っておられたようでしたが。

股関節の異常が判らず
無理をしたため、膝を痛められたようでした。

恐らく、手術レベルの股関節の異常だと思いました。

残念ながら。。


骨盤の歪みからくる筋肉の拘縮での股関節痛なら

数回で改善は可能です。

しかし、それも上にあげた股関節の異常による
症状の初期の初期なのかもしれませんがね。


我が家でも、レストランで働いている嫁

栄養士として介護施設で働いている娘

工場で働いている息子と三人

皆、定期的に骨盤の歪みによる股関節痛で

痛くなったら施術させられていますからね。w

いや、下の小学3年の娘さえも

たまに足が痛い言うので診てみると

骨盤が歪み、股関節がずれているので

矯正していますわ。。( ´艸`)ムププ


骨盤の歪み恐るべし、股関節痛み侮るなかれ!です。


痛くなったらご相談ください。

|Д´)ノ 》 ジャ、マタ


ココ↓クリック
整体リラクサロンよしだ


























by seitai-yoshida | 2017-03-23 17:16 | Comments(0)