身体の痛み、痺れ、症状、不調と

年齢とともに色々な事が身体におこりますね。。

早い方で二十代後半から

通常では四十代からではないでしょうか。

人間ですから四十年も動いていれば

筋肉の拘縮や衰え、身体の歪みも当然あるでしょうからね。


二十代で不調がでるのは

何かしらスポーツをガッツリされた方が

やはり多い様な気がします。

筋肉的には鍛えられて丈夫になってはいますが

スポーツによっては
身体を著しく歪めてしまう物もありますからね。


外科的な痛みや痺れなどはもちろん
身体で感じる事ができ、部位も特定できますから

一見、原因は判りやすいでしょう。

しかし、整形外科などにいかれても

レントゲンで骨に異常がなければ

湿布しかもらえないのが現状ですよね。

ギックリ腰や腰痛、頭痛などが良い例で

結局それは痛み、痺れの原因が特定されないので
とりあえず痛み止めと湿布で
様子を見ると言う事でしょう。

つまり外科的な痛み、痺れなどは
現在の医療では原因は判らないと言う事では
ないでしょうか。

症状に関しても同じ事が言えると思います。

先日、ゴルフ中に倒れられて
救急車で運ばれた経験のある男性が来院されました。

それ以後、身体の極度な不調にみまわれ
あらゆる検査をされて
原因を捜されたそうです。

CT,MRI、血液検査等

しかし、その原因は解明されなかったそうです。
検査上まったく異常がなく
健康体と判断されました。

しかし、ご本人は
すこし動くと胸は苦しく
みぞおちあたりに鈍い痛みがでて
食欲もなく貧血の様にフラフラしてしまい

睡眠も浅くなり
朝起きても疲労感がとれず
仕事も満足にできない状態となっていたそうです。

他の病院も数軒回っても
異常がないので薬も処方されず

ひたすら状態が回復するのを待つ日々を
送っていたそうです。

まったくお気の毒です。


しかし、小生にはその原因が判りました。

何を隠そう(隠してはいませんがw)

小生も二十代の頃
その症状を二回経験した事があるからです。
<(`^´)>エッヘン

ある時、突然の強烈な胸部、腹部の痛みで
起き上がる事もできず
呼吸もできなくなり
このまま死ぬかもしれないと思った事がありました。

しかし、三十分ほど
身体を丸めて寝ていると
徐々に呼吸も回復して立ち上がる事ができ

何事も無かったのように
歩ける様になったのでした。

しかし、その後は
常に息苦しく、睡眠が浅くなり
みぞおちに鈍い痛みが数か月続き
食欲がなく空腹感が全く感じられなくなりました。

何時か治るだろうと思い
病院には行かなかったのですが

何とか数か月で症状はでなくなり
それまでの状態に戻れたのは
今から思えば若かったからだと思います。


なぜその原因が判ったのかと言いますと

小生がこの道に入るきっかけとなった
先生に教えて頂いたからなんですよ。

先生にそういう経験があったと
話をすると即答で、それは肋間神経痛で
胸椎のズレからきているやと言われました。

へぇ~
そうなんや、骨のズレが原因なんや
と、感心したのを覚えています。

なので、先生と出会ってからこの三十数年
その症状は一度も出た事がないですがね。

修行時代にもその症状の原因について
教えて頂いた事があり
それは、胸椎の5番のズレが原因やぞ
と聞かされました。

自分も経験した肋間神経痛の症状でしたので
今でも鮮明に覚えていたのでしょう。


来院された男性も触診してみますと
やはり、胸椎5番がかなり右にズレ
6番が左にズレていました。

さらに、胸椎2番3番も左にずれていたのです。

昔の自分もこうだったんだろうなぁ~
と、変に懐かしく感じました。w

その男性も数回で回復されたのは
言うまでもありません。

原因不明の痛み、症状はないのです。
お忘れ無きよう!

|Д´)ノ 》 ジャ、マタ














 










# by seitai-yoshida | 2017-04-17 11:43 | Comments(0)

股関節周辺の痛み

最近、股関節、大腿の痛みの方がよく来院されます。

年齢では四十代後半から七十代までの特に女性です。

たまに、同年代の男性の方も来院されますが。。

ひじょうに稀なケースです。



女性の骨盤は男性の骨盤より広くなっています。

なぜかと言うと「出産」をする為です。

故に、股関節に負担がかかり安い骨格と
なってしまっているのです。

残念ながら。。。


なので、股関節、大腿に痛みがでる
股関節の異常な状態になりやすいのが女性なのです。

代表的な症状名としては

股関節脱臼、変形性股関節症、大腿骨頭壊死症
臼蓋形成不全、等です。

また、当院で数回で改善可能な
簡単なものとしては

梨状筋炎とか坐骨神経痛などがあります。

いずれにせよ

股関節痛などが発症したなら

病院でレントゲン、MRIなどで
検査をされる事をお勧めします。

初期では大腿部が少し痛く
足が上がり難いぐらいの症状ですから

ほっとけば治るだろう。ぐらいにしか
思われない様で

結局、半年近くなって
症状が酷くなり来院されるケースが多いです。


小生も色々な症状の股関節痛を
施術さしていただいたので

最近では、股関節痛が

腰椎によるものなのか

臀部周辺の筋肉によるものなのか

骨盤の歪みによるものなのか

股関節の異常によるものなのか
判る様になりました。

<(`^´)>エッヘン

腰椎の変位、骨盤の歪み、筋肉の拘縮による
股関節痛なら改善可能でしたが

股関節の異常である

脱臼や骨頭の壊死、臼蓋形成不全のような

外科的な判断が必要なものに関しては

そこそこしか改善は見れませんでした。

まぁ、当然と言えば当然でしょけど。。
。・゚・(*ノД`*)・゚・。


施術中これは限界があるなと思えば

病院に行ってレントゲンを撮って
先生に判断してもらう様お勧めしています。

自身の股関節がどういう状態なのか
知っておいて損ではないと思うからです。

外科的に最後は手術しか無いとしてもです。


先日来院された六十代の女性は

数か月前から膝が痛いと言う事で
おみえでしたが

施術中、股関節の極端な可動の悪さに
びっくりして、検査をしてみると

股関節にかなり異常が有る事が判り

膝より股関節のレントゲンを撮るよう
勧めました。

ご本人は膝の軟骨がすり減って
膝が痛いと思っておられたようでしたが。

股関節の異常が判らず
無理をしたため、膝を痛められたようでした。

恐らく、手術レベルの股関節の異常だと思いました。

残念ながら。。


骨盤の歪みからくる筋肉の拘縮での股関節痛なら

数回で改善は可能です。

しかし、それも上にあげた股関節の異常による
症状の初期の初期なのかもしれませんがね。


我が家でも、レストランで働いている嫁

栄養士として介護施設で働いている娘

工場で働いている息子と三人

皆、定期的に骨盤の歪みによる股関節痛で

痛くなったら施術させられていますからね。w

いや、下の小学3年の娘さえも

たまに足が痛い言うので診てみると

骨盤が歪み、股関節がずれているので

矯正していますわ。。( ´艸`)ムププ


骨盤の歪み恐るべし、股関節痛み侮るなかれ!です。


痛くなったらご相談ください。

|Д´)ノ 》 ジャ、マタ


ココ↓クリック
整体リラクサロンよしだ


























# by seitai-yoshida | 2017-03-23 17:16 | Comments(0)

整体あらかると

年明けから順調な滑り出しで

忙しくさせて頂いた一月でした。


そういえば、先月は珍しい同じ症状の方が

続けて数名来院されましたね。。それは

足底筋膜炎です。

つまり、足の裏が痛い症状ですね。

酷くなると歩行時に足の裏の痛みで

歩けないぐらいになるそうです。


また、似たような症状に
モートン病というのもあります。

これは、足の親指の付け根あたりに
痛みがでる症状です。

原因としては足の踵骨(かかと)
に棘ができていたりとか

足底筋を痛めた為とか言われていますが

踵骨に棘がないかぎり
はっきりした原因が判らない症例だそうです。

なので病院に行ってもお決まりの
湿布しかもらえません!

( ´艸`)ムププ

痛いなら湿布で様子みよう!です。

┐(´-`)┌ ヤレヤレ


原因不明とされている
足底筋膜炎ですが

本当の原因は実は、

あれの歪みからなんですヨw

あれ!ほら、アレですって!!

このブログの賢明な読者なら
すでにお分かりでしょう!

骨盤なんです!!ぉお!!(゚ロ゚屮)屮

!?(゚〇゚;)マ、マジ...


骨盤は左右腸骨と仙骨からなります。

骨盤の歪み(傾斜ともいえます)は
殆どの方が
左腸骨が後方に回旋
右腸骨が前方に回旋
その為
右腸骨が上方変位(立位)
左腸骨が下方変位(立位)
となっています。酷い人は
その差三センチもあります!

(*゚◇゚)yヽ~ ポロッ

なので、女性なら立位で
右のウエストがくびれ
左のウエストがくびれが少なく見えます。

骨盤がこの状態ですので
左右の脚もバランスが悪くなり
殆どの方が左足重心となります。

なので足底筋膜炎の方は
殆どの方が左足。なのです。

ちなみに腰痛などで来られる方も

骨盤の歪みは必ずありますから

足の裏を触ってみると

左足の土踏まず付近は硬くなっていて
触ると痛がります。

つまり、傾いている側=
重心側=痛みが出る
なのです。

これは、骨盤矯正がメインの
吉田式整体だからこそ発見できた
理論だと思います。
<(`^´)>エッヘン


ですので、矯正は特別な手技はないのです。

毎日している骨盤矯正を行えば
改善してしまうのです。簡単です。

腰痛、股関節痛、膝痛 足の付け根の痛み
など、下半身のトラブルは
殆ど骨盤矯正をする事で解決できます!

ただ、機械、器具にたよったり
単にバキバキする骨盤矯正ではダメですよ!

ミリ単位の矯正が可能な
小生だから可能な技術なんですヨ。

お忘れ無きよう!

|Д´)ノ 》 ジャ、マタ

悩んだらココ↓





















# by seitai-yoshida | 2017-02-06 17:26 | Comments(0)

昨日、今年最初の新患さんが来られました。

産後一か月過ぎ、二人目出産の三十代の女性です。

産後から骨盤周辺の痛みが酷く

寝返りも痛い状態らしいです。

もちろん歩行もそろそろ歩いておられます。

長引くので病院で診てもらったところ

恥骨かい離 と診断されたそうですね。


恥骨かい離とは

左右腸骨前方の恥骨のつなぎ目が

左右に離れすぎている事を言います。

もしくは、恥骨のつなぎ目が

極端に上下をおこしている状態です。

なので、恥骨周辺の恥骨筋

鼠蹊靭帯、骨盤底筋等に痛みがでるのです。


この女性の場合

左右梨状筋もかなり痛みがあり

骨盤周辺の殆どの筋肉に痛みがあるようでした。


原因はもちろん、出産によるものですが

出産時に開いた恥骨が正常に

戻っていないのでしょう。


この女性の恥骨を触診しますと

(変な意味ではなく
こういう場合は恥骨を触らないと
矯正できないので。。)
(´ー`A;) アセアセ

恥骨結合部分にかなり痛みがあり
左の恥骨が数ミリ上方変位していました。

つまり、この状態は
左腸骨の後方回旋変位でもあるのです。

仰臥位で上前腸骨陵を触診してみると
左右の腸骨の差が3センチありました。
ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!!

三センチは骨盤の歪みの限界値ですヨ

通常これ以上の歪みは無いと言えます。

さらに、この状態ですと
坐骨の位置も変位してますので
最悪の骨盤状態といえます。

痛みがとれない筈ですよ。

しかし、これだけの骨盤の歪みが
出産だけでなるとは思えません。

おそらく、一人目の出産後
骨盤の歪みが限界まできていた時に
二人目を出産されたので
周辺筋肉に負担がかかり
痛みがとれなくなっているのでしょう。


女性に以上の様な説明してあげますと
不安になったのか
「治るんでしょうか?」と心配そうでしたが

「大丈夫ですよ。通常の産後の女性も
これぐらいの歪みはありますから。」と
言ってあげると安心されたようでした。

ほぼ毎日骨盤矯正をしている小生からすると
まったく問題ない矯正ですからね。
一回で釣りはいらんです。。imihumei?
(´ー`)y-~~

施術はまずうつ伏せで
坐骨の上下矯正を
深呼吸をしてもらいながら矯正し
左右梨状筋をカウンターストレインでとり

最中に痛みが無くなっていくのが
不思議だったらしく
「触っただけで痛みが取れるんですか?」
と、女性

ええ、痛い筋肉を緩めるポーズをして
軽く押さえると筋肉の痛みはとれるんですよ~」
と、小生

「ヘェ~そうなんですか。。」女性

そんな会話をしている内に
痛みは取れたみたいでした。


今度は仰臥位で
左恥骨の上方変位を
マッスルエナジーテクニックで矯正し

最後に
下方変位している右腸骨を
挙げた脚を下げてもらうだけの
マッスルエナジーテクで矯正して終了でした。

終了後、両恥骨を触って痛みを確認すると
痛みがかなり無くなった様で
「痛くないですぅ!」と嬉しそうでした。

立位のチェックでも
左右の骨盤の高さも水平になり
腸骨の前後の歪みも無くなっていたので
全て終了としました。

後は、骨盤に無理をしない
生活を送ってもらい

出産で痛めた骨盤周辺の
筋肉が回復するのを待てば
徐々に痛みも無くなると思います。

終って少し歩いてもらうと
痛み具合も改善したのか
「だいぶ違います、楽ですぅ。」
と、嬉しそうでした。

ヨカッタ、ヨカッタ
d(*^v^*)b

暫く様子をみながら
次回の来院を予約をしてもらうよう告げ
お帰り頂きました。

改めて、出産は大変なんや
女性は自身の身を削りながら
出産しているんやなと感動させられました。

嫁よ!ありがとう!
(人´∀`)アリガトー♪

|Д´)ノ 》 ジャ、マタ

























# by seitai-yoshida | 2017-01-05 11:34 | Comments(0)

いやいや、とうとう2017年が始まりましたねぇ~

年末はあまりに忙しく

このブログを書く暇もなかったです。

年々、忙しくさして頂いて

本当に感謝感謝で嬉しく思っています。

でも、ある意味

小生が忙しいという事は

身体の不調で困っている方が多いと

言う事になるので

人の不幸を喜んでいるみたいで

感謝感謝などと言っていいのか?
なんて思う事もあり

何とも複雑な気持ちでもあるんですよねぇ。

ぶっちゃけw

(*・ω・)(*-ω-)ウンウン


そういった意味で

極力、最短の回数で使う費用も最小をめざして
少しでも皆さんに負担にならないよう
日々施術さしていただいているつもりなんですが。

まぁ、それが口コミ数が年々増えてる訳
なんでしょうけどね。


昨年は、遠方からの来院者の方が

増えたのが印象深い一年でした。

とくに、神戸や姫路、明石ですかね。


大阪、西宮の方もいましたが。。

もちろん、遠方からの方は
紹介で来られる方がほとんどです。

大阪からですと小野市まで

電車で2時間もかかってしまいます。

神戸からだと1時間はかかるでしょう。

そこまでして来られる方は

整体、整骨院被害者の方がほとんどなんです。

バキバキ施術をされて

酷くなって行き場が無くなった

施術難民の方達です。


お気の毒な方達です。

同業者として恥ずかしくも
情けなくもなります。

しかし、増え続けているのが現状です。

困ったものです。。

ですから、そういう方が来られたら

同業者として申し訳ないとの意味を込めて

最短で再矯正をさしていただき

一日でも早い改善を目指しました。

こういうケースは

本当に増えてもらいたくはないですね。


まぁ、とにかく2017年の幕開けです!

何処かにいる身体の不調で困っている皆さんとの

一期一会の出会いを大切に

今年も頑張りますので

宜しくお願い致します!

ではまた

(@^^)/~~~




















# by seitai-yoshida | 2017-01-01 23:36 | Comments(0)